スタッフ紹介 Feed

2016年2月 1日 (月)

高砂の帆布、織職人育成へ・・・・

NPO法人高砂物産協会は、2月から開設する帆布「松右衛門帆」の織り職人育成講座の受講生を募集しているそうです。帆布は高砂市出身で江戸期の発明家工楽(くらく)松右衛門が開発。市民有志らが2010年に復元し。同協会が帆布を使ったバックなどを販売するそうです。市などは地域ブランド化を目指し、職人育成を地方創生に関する先駆的な事業として国に申請。採択されていたそうです。講座では、織物コンサルタントの竹内茂樹さんが講師を務め、織機の基礎知識や糸の使い方など初歩的な技術から学べるという。初回は2月13日午後1時半から高砂公民館で開催。その後は土日祝日に毎週2回開く予定だそうで、3年以内に職人の育成を目指すそうです。無料だそうですが、別途保険料が必要だそうです。初回参加希望者は2月11日までに同協会へファックスかメールで申し込むそうです。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730