2019年10月からの消費税増税に伴い、価格が変更になっている場合があります。ご来店の際には事前に店舗へご確認ください。

« 2019年3月 | メイン | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

源つけ寿司「おまかせコース」・・・・

源つけ寿司大将の「おまかせコース・・付き出し(セロリと豚肉の炒め物)、刺身(殻付きたいらぎ貝・活あぶらめ・カンパチ・ひらめ・生本マグロとろ)5種盛り、焼き物(鯵ポテトサラダ包み焼き)、煮物(さば真蒸)、揚げ物(魚すり身わらび巻き揚げ)、寿司(真鯛・しまあじ・海老・アボカド・生くじら)5種盛り・・1人前3650円~ 予約は2人前より承ります。

2019年4月29日 (月)

本日4月29日(月)はお休みです。

本日はお休みです。

2019年4月28日 (日)

新神戸オリエンタル劇場、7月再開・・・・

2018年末に閉館した新神戸オリエンタル劇場(神戸市中央区北野町1)が7月、漫画やアニメなど2次元作品を原作とした舞台「2・5次元ミュージカル」の専用劇場として再開することが分かったそうです。新劇場名は「アイア2・5シアター神戸」。劇場を引き継ぐのは、2・5次元ミュージカル専用劇場の先駆けとして知られた東京・渋谷の「アイアシアター東京」(2018年末閉館)の運営会社ソロモン・スクエア。7月中旬にこけら落とし公演を実施するという。劇場担当者は「関西・西日本から新たなオリジナルの2・5次元ミュージカルを生み出したい」と話しているそうです。2・5次元ミュージカルは、漫画やアニメの世界観を忠実に表現するのが特長。俳優の背格好も含め、登場人物を完璧に再現し、既存のミュージカルや実写化映画とは一線を画す。人気ゲーム「刀剣乱舞オンライン」を原案としたミュージカル「刀剣乱舞」などが上映され、国内外で好評だそうです。発祥は、40年以上続く宝塚歌劇団の舞台「ベルサイユのばら」とされるそうです。新神戸オリエンタル劇場は1988年10月、新幹線新神戸駅前の新神戸オリエンタルホテル(現ANAクラウンプラザホテル神戸)に併設する形で開業。座席数は639席。東京の人気劇場が公演するなど兵庫県内を代表する劇場の一つだったそうです。

2019年4月27日 (土)

ノートルダム寺院再建に「数十年」、ヴィトンが253億円寄付・・・

フランスのパリ中心部で4月15日夕方に発生した観光名所のノートルダム寺院の大火災を受け、インターネット上では義援金を募るホームページが複数開設され、仏大富豪らが巨額の寄付を表明したそうです。専門家によると、再建には「数十年」を要するとみられるそうです。フランス遺産財団は寄付を受けるためのホームページを開設。声明で「遺産を愛する一人一人が喪失感を感じている」と訴えているという。ホームページはアクセスが集中し、一時接続できなくなったという。仏高級ブランドのLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)と同社の大株主のアルノー家はAFPを通じて、「2億ユーロ(253億円)を寄付する」と表明。高級ブランドのグッチなどを抱える仏ケリングのピノー会長兼最高経営責任者(CEO)も「修復に必要な1億ユーロを拠出する」と声明を出したそうです。仏北東部ストラスプールの大聖堂の修復を手掛けるルーブル・ノートルダム財団のフィッシェー会長は記録があれば修復は可能と説明したそうです。

2019年4月26日 (金)

福祉関係者対象。三木で農業研修・・・・

障害者に農業を始めてもらおうと、兵庫県は福祉関係者向けの研修会を開くそうで、障害者の就労支援の一環で5月から来年3月までの月1回、三木市の「みずほ共同農園」で行うそうです。対象は、県内にある障害福祉サービス事業所の指導担当職員。既に農業に取り組むか農産物の販売を計画することが要件だという。県立大学の准教授や県農業改良普及指導員のOBらからサツマイモやタマネギの栽培手順や方法などを教わるそうです。無料。1事業所2人まで参加できるそうです。所定の書類に必要項目を書き、4月26日までにNPO法人・兵庫セルプセンターに申し込むそうです。

2019年4月25日 (木)

3メガバンク、新卒採用3割減・・・・・

3メガバンクの2020年度の新卒採用が計約1700人になり、今年4月の入行者数に比べて約27%減と3割近く減る計画となったことが分かったそうです。採用数は4年連続で減少し、2019年度に続いてリーマン・ショック後最少を更新するみ通しだという。このうち三菱UFJ銀行は約45%減るそうです。超低金利の継続で厳しい事業環境が続いていることが背景にあり、店舗の統廃合やIT導入による業務効率化を進め、採用も一段と絞るそうです。三菱UFJ銀行は2020年度の新卒採用数を530人とする計画だそうです。旧東京三菱銀行と旧UFJ銀行の合併して誕生した2006年以降で最も少なく、合併後のピークだった2007年度と比べると約4分の1の規模に縮小するという。今年4月は960人が入行したそうです。みずほファイナンシャルグループの計画は今年4月に入行した700人から約2割減るという。三井住友銀行は600人の計画で、667人から約1割減となるそうです。各行はインターネットバンキングの普及などを受けて、店舗を少ない行員でも運営できる次世代型に転換しているそうです。単純な事務処理は機械に置き換え、人手による作業を徐々に減らしているという。組織を簡素化すると同時に、付加価値の高い仕事に集中できる体制も整えていく考えだそうです。

2019年4月24日 (水)

神戸市職員の採用試験申し込み4月25日から受付・・・

神戸市職員の来春採用試験のうち、6月に筆記試験を実施する区分の申し込みが4月25日から始まるそうです。一般的な公務員試験「大卒一般枠」や新設の「デザイン・クリエイティブ枠」、大卒消防職員など。採用予定数は総合事務が約80人、デザイナーは数人、消防約30人などとなっているという。福祉や土木、建築、電気・機械系の募集もあり、技術職とデザイナーは高専・短大卒の枠もあるそうです。大卒障害者の選考は従来の身体障害者に加え、知的・精神障害も対象に追加するという。受験申し込みはインターネットで5月23日正午まで(障害者専用のみ郵送・持参も可)。第1次の筆記試験は6月23日に甲南大学などで実施するそうです。今年から試験日程を2カ月前倒ししている、民間企業との併願を想定した「大学卒特別枠」(採用予定数約40人)について、申し込み状況がまとまった。速報値で560人が応募し、昨年度と比較して122人増加したそうです。担当者は「日程が変わり、民間と並行して受けやすくなったのでは」と話しているそうです。

2019年4月23日 (火)

尿路結石の予防に筋道・・・・

腎臓でできた石が尿管などに詰まり、背中の激痛を引き起こす尿路結石。結石患者は、尿に含まれる「インターロイキン4(IL4)というたんぱく質の濃度が、結石の無い人よりも低くなっていることを、名古屋市立大学の研究チームが発見したそうです。「IL4を指標として、結石の予防や早期発見につながる可能性がある」としているそうです。結石は予防が難しく、体内で溶かすことができないため、小さい場合は自然に排出されるのを待ち、大きければ衝撃波などで細かく砕いて排出させるしかないという。チームによるとIL4は体内で免疫細胞を活性化させるそうです。これまでに、IL4で活性化する免疫細胞「M2マクロファージ」が、結石の元となるカルシウムなどの結晶を溶かすことをマウスで確認していたそうです。チームは今回、名古屋市立大学病院を受診した20~79歳の男性110人を、結石の経験がある62人と経験がない48人に分け、尿中のIL4など18種類のタンパク質の量を比較。結石の経験があるグループのIL4の濃度は、経験がないグループの8割前後だったそうです。チームの岡田淳志准教授(泌尿器科)は「結石ができやすい人はM2マクロファージの働きが弱いと考えられる。活性化させる薬を開発し、結石の予防や治療に役立てたい」と話しているそうです。

2019年4月22日 (月)

富士通、スパコン「京」後継、製造開始・・・・・

富士通は、スーパーコンピューター「京」の後継機の製造を開始したと発表したそうです。後継機は「京」の100倍の計算速度を目指しており、近年多発する災害の予測や創薬シミュレーションなどへの活用が期待されるという。国立研究開発法人の理化学研究所との共同開発で、2021年~2022年ごろの運用開始の予定だそうです。2012年本格稼働した現在の「京」は世界で初めて、1秒間に1京(千兆の10倍)回を超える計算能力を実現。性能を一段と向上させる後継機は石川県にある富士通の工場で製造するという。完成後は、理研の計算科学研究センター(神戸市中央区)に設置し、大学や企業が研究などで利用できるそうです。富士通はまた、「京」後継機の開発で培った技術を生かし、2019年度後半には一般企業向けにスーパーコンピューターの販売を始める方針だそうです。

2019年4月21日 (日)

東京医科歯科大学、肌の若さ保つ物質発見・・・

老化で低下する皮膚の再生能力を回復させる物質をマウスの実験で見つけたと、東京医科歯科大学の西村栄美教授(幹細胞医学)らのチームが英科学誌ネイチャー電子版に発表したそうです。物質は2種類だそうで、傷の治療や老化防止に応用できる可能性があるという。見つかった物質は、皮膚の最も外側にある表皮の幹細胞に「17型コラーゲン」を盛んに作らせる働きがあり、今後人での効果や安全性を確認するそうです。一方、今回の研究成果に便乗した化粧品や健康食品の宣伝も懸念されるとして、西村教授は「コラーゲンを塗ったり食べたりしても幹細胞の中では働かない」と注意を呼び掛けているそうです。老化による変化が人の皮膚と似ている、マウスの尻尾に着目。紫外線のストレスなどでコラーゲンを作る能力が落ちた幹細胞は排除され、能力の高い幹細胞が残って増えていることが分かったという。排除と生き残りを繰り返していくうちに、残った幹細胞も次第に衰えていき、皮膚は薄く、傷も治りにくくなる老化状態を抑えるそうです。マウスの尻尾に傷をつけ、今回見つけた物質を投与して実験。2週間後には傷の8割が回復したそうですが、投与しない場合は6割しか回復しなかったそうです。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730