« ポルシェ、ディーゼルエンジン車から撤退・・・ | メイン | 加古川の多木化学「バカマツタケ」完全人工栽培・・・ »

2018年10月11日 (木)

高額絵画、落札直後に細断・・・

正体不明の路上芸術家バンクシーの有名な絵画が、ロンドンの競売大手サザビーズで、バンクシー作品としては史上最高に並ぶ104万2千㍀(約1億5500万円」で落札された直後、額縁に仕掛けられたシュレッダーで自動的に細断されたそうです。英紙ガーディアンは「アート史上最も大胆ないたずらの一つ」と報じたという。絵画はバンクシー作品で最も有名な少女と赤い風船をスプレーで描いたものだそうです。落札を告げるハンマーの音が鳴らされるとと同時に、作品が額縁の中を下がり始め、額縁の下辺に仕掛けられたシュレッダーを半分ほど通過。会場は騒然となったそうです。かつてアート市場の在り方に異論を唱えていたバンクシーは「競売にかけられる場合に備え」シュレッダーを数年前に仕掛けたことを、写真共有アプリ「インスタグラム」で明らかにし、細断される様子の動画を投稿したそうです。動画の撮影者は不明だという。サザビーズは「バンクシーにやられたようだ」とコメント、対応を落札者と協議した。関係者は細断された作品は価値を増し、200万㍀の値が付く可能性があると話したそうです。バンクシーは神出鬼没の芸術家として知られ、世界中の街角の壁にメッセージ性の強い落書き作品を描いてきたそうです。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730