« 2018年9月 | メイン

2018年10月

2018年10月17日 (水)

家計金融資産、前年比2・2%増・・・

日銀が発表した2018年4~6月期の資金循環統計(速報)によると、家計が保有する金融資産の残高は6月末時点で前年同月日2・2%増の1848兆円だったそうです。株価の上昇を背景に、8四半期連続で前年水準を上回ったそうです。家計の金融資産の内訳は、現金・預金が2・0%増の971兆円だったという。株式などは8・8%増の203兆円、保険・年金などは0・4%増の523兆円だったそうです。金融機関を除く民間企業の金融資産は6・5%増の1176兆円で、8四半期連続のプラスとなったという。このうち現金・預金は3・5%増の259兆円、株式などは8・2%増の386兆円だったそうです。日本国債の発行残高は1・3%増の1100兆円だったそうです。日銀の保有残高は6・5%増の465兆円。保有者全体に占める割合は42・3%で、比較可能な2005年1~3月期以降の過去最高を更新したそうです。

2018年10月16日 (火)

金融機関、振り込み夜間休日もOK・・・・

全国の金融機関が接続する全国銀行協会(全銀協)の新システムが稼働を始めたそうです。金融機関側が対応すれば24時間365日いつでも即日の振り込みができるようになり、インターネット通販での支払いや緊急時の送金に役立ちそうだという。新システムに参加するのは大手銀行や地方銀行、信用金庫、信用組合などの計500の金融機関だそうです。三菱UFJ銀行や三井住友銀行などがメンテナンス時間を除き24時間化に対応し、他の金融機関もこれまでの午前8時半から午後3時半の受付を午後9時までなどに延長するという。全銀協の関係法人に当たる全国銀行資金決済ネットワークの理事長は新システムを活用し「(一般企業から)新しい商取引やサービスが生まれてほしい」と述べたそうです。自行のシステム移行中のみずほ銀行などは当初は参加を見合わせたそうです。

2018年10月15日 (月)

流通大手、3社増益・・・

スーパー、コンビニなど大手流通4社の2018年8月中間連結決算が出そろったそうです。イオンとセブン&アイ・ホールディングス、ユニー・ファミリーマートホールディングスの3社は好調な海外事業や総合スーパー事業の改善で本業のもうけを示す営業利益が増益だったという。ローソンは銀行の開業費用などが影響し、減益となったそうです。イオンは海外店舗の売り上げが伸びたのに加え、総合スーパー事業の赤字幅が縮小し、営業利益は前年同期比5・7%増の898億円。セブン&アイは2・6%増の1996億円。ユニーファミマは18・9%増の498億円だったそうです。ローソンは営業を開始する銀行の準備費用や新しいレジシステム導入への投資が重なり、11・5%減の344億円だったそうです。

2018年10月14日 (日)

櫻正宗とネスレ日本が、日本酒風味のキットカット発売・・・

櫻正宗(神戸市東灘区)とネスレ日本(神戸市中央区)は、日本酒を使ったキットカット「日本酒 櫻正宗 大吟醸」を発売したそうです。関西の空港や主要駅の土産物店に置き、訪日外国人を中心に国内外の旅行客の需要を見込むという。酒米「山田錦」の中で最高品質とされる三木市吉川町産を35%まで磨いた大吟醸酒を使用。日本酒パウダー入りクリームをウエハースで挟み、ホワイトとチョコレートで包んだそうです。大吟醸の華やかな香りと膨らみのある味わいを楽しめるという。12枚入りで希望小売価格は800円(税別)。各地の名産品などとコラボレーションした「ご当地キットカット」の19種類目だそうで、兵庫県内ではトーラク(神戸市東灘区)の「神戸プリン風味」に次いで二つ目だそうです。櫻正宗の山邑太左衛門社長は「兵庫の米を使った灘の酒の魅力を国内だけでなく、世界に届けたい」と話したそうです。

2018年10月13日 (土)

環境省、レジ袋有料化を義務付け方針・・・・

環境省がプラスチックごみ削減に向け、買い物の際に配られるレジ袋の有料化を小売店などに義務付ける方針を固めたことが分かったそうです。来週にも中央環境審議会小委員会で示す「プラスチック資源循環戦略」の素案に盛り込むそうです。容器包装リサイクル法などの関連法改正も視野に、実施時期や義務化の対象といった具体策を中央環境審議会で議論する考えだという。プラスチックごみは海洋汚染の原因として国際的に関心が高まっており、原田義昭環境相はレジ袋に関し記者会見などで「便利だから使うというだけではいけない」と、有料化で使用量削減を図る必要性を強調していたそうです。ただ、コンビニなど小売業界の一部に異論があり、消費者負担につながるため、検討が難航する可能性もあるそうです。具体策では、小売店がレジ袋代を客から徴収するほか、レジ袋に新税を課して環境対策に充てることなどが想定されるそうです。

2018年10月12日 (金)

加古川の多木化学「バカマツタケ」完全人工栽培・・・

肥料メーカーの多木化学(加古川市)は、「バカマツタケ」の完全人工栽培に成功したと発表したそうです。人工栽培の菌を自然環境にある樹木に植え付けて生育した例はあるそうですが、栽培から生育までを室内環境で完結させたのは世界で初めてだという。バカマツタケはブナ科の樹木と共生。同社によると、全国各地で天然物は確認されているそうですが、木片や木くずから栄養を取るシイタケなどと異なり、バカマツタケは天然の木から栄養を吸収するため、人工栽培が困難だったという。同社は肥料や農薬に用いている微生物の研究ノウハウを生かし、2012年からバカマツタケの完全人工栽培に着手。当初は菌床から芽が出る程度だったそうですが、傘を備えた成体に育てるための環境条件を工夫し、今年4月に完全人工栽培の成功を確認したそうです。現時点では計14本を栽培したという。同社は3年後の実用化を目指し、特許を申請中。栽培期間は約3カ月で、通年栽培が可能だという。他社との共同研究も視野に、コスト削減や量産化の研究を加速させる考えだそうです。秋津教雄主任研究員は「量産化できれば、比較的手ごろな値段で提供したい」と話しているそうです。

2018年10月11日 (木)

高額絵画、落札直後に細断・・・

正体不明の路上芸術家バンクシーの有名な絵画が、ロンドンの競売大手サザビーズで、バンクシー作品としては史上最高に並ぶ104万2千㍀(約1億5500万円」で落札された直後、額縁に仕掛けられたシュレッダーで自動的に細断されたそうです。英紙ガーディアンは「アート史上最も大胆ないたずらの一つ」と報じたという。絵画はバンクシー作品で最も有名な少女と赤い風船をスプレーで描いたものだそうです。落札を告げるハンマーの音が鳴らされるとと同時に、作品が額縁の中を下がり始め、額縁の下辺に仕掛けられたシュレッダーを半分ほど通過。会場は騒然となったそうです。かつてアート市場の在り方に異論を唱えていたバンクシーは「競売にかけられる場合に備え」シュレッダーを数年前に仕掛けたことを、写真共有アプリ「インスタグラム」で明らかにし、細断される様子の動画を投稿したそうです。動画の撮影者は不明だという。サザビーズは「バンクシーにやられたようだ」とコメント、対応を落札者と協議した。関係者は細断された作品は価値を増し、200万㍀の値が付く可能性があると話したそうです。バンクシーは神出鬼没の芸術家として知られ、世界中の街角の壁にメッセージ性の強い落書き作品を描いてきたそうです。

2018年10月10日 (水)

ポルシェ、ディーゼルエンジン車から撤退・・・

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級スポーツカーメーカー、ポルシェはディーゼルエンジン車の販売から撤退すると発表したそうです。ドイツのメディアによると、ポルシェが実際にディーゼル車から撤退すれば、同国の自動車メーカーとしては初めてとなるそうです。ポルシェのブルーメ会長は大衆紙ビルト日曜版のインタビューで、2015年に発覚したVWグループによるディーゼル車の排ガス規制逃れ問題でポルシェのブランドイメージが失墜したと指摘。ガソリン車やハイブリッド車、電気自動車(EV)の販売に専念する方針を示したという。ポルシェがスポーツカーメーカーのため、ディーゼル車の比率が低いことも、決断を後押ししたとしているそうです。VWの排ガス規制逃れを巡っては、ドイツの運輸当局がVWの乗用車部門やアウディなどグループ各社にリコール(無料の回収・修理)を命令。ポルシェには今年5月、スポーツタイプ多目的車(SUV)計約6万台のリコールを命じていたそうです。

2018年10月 9日 (火)

兵庫県内、高級ポッキー「バトンドール」初出店・・・・・

そごう神戸店(神戸市中央区)は、江崎グリコ(大阪市)の高級ポッキー「バトンドール」が、兵庫県内で初めて出店すると発表したそうです。10月17日オープンするそうです。同店限定商品の「神戸プレーン」を発売するそうです。バトンドールは大阪、京都、福岡の百貨店など全国に5店舗あるという。そごう神戸店地下の食品売り場改装に合わせて開設するそうです。品ぞろえは、通常の商品7種類と神戸プレーンの計8種類。神戸プレーンは、同店とグリコでプロジェクトチームを結成して開発したそうで、グリコ神戸工場でバトンドールの軸の部分「プレッツェル」を生産していることもあり、軸だけ商品化して名付けたという。小麦粉と発酵バターがベースだそうで、バターを多く練り込んだそうです。36本入り501円。グリコのブランドマネージャーは「神戸の消費者は食パンや焼き菓子を食べる機会が多く、小麦粉とバターのシンプルなおいしさを評価してもらえるはず」と期待しているそうです。そごう神戸店のスイーツアテンダントは「スタンダードなものを好む神戸の人にピッタリ。売り場で問い合わせの多い、神戸ならではの手土産としてもぜひ」とアピールしたそうです。

2018年10月 8日 (月)

源つけ寿司・・・・

源つけ寿司「おまかせコース」・・・付き出し(金平牛蒡)、刺身(石垣鯛、さざえ、ひらめ、しまあじ、本まぐろ)、焼き物(さわら明太子焼き)、煮物(鮭白子揚げ出し)、揚げ物(松茸と白身魚のはさみ揚げ)、寿司(剣先いか、かんぱち、海老、しめ秋刀魚、真鯛)・・・1人前3650円~ ご予約は2人前より承ります。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730