« 源つけ寿司一品料理・・・・ | メイン | 源つけ寿司「泳ぎふぐてっちりコース」・・・・ »

2017年10月26日 (木)

がん治療で4社タッグ・・・

医療検査機器メーカーのシスメックス(神戸市中央区)と、映像・音響機器メーカーのJCVケンウッド(東京)などの4社・団体は、細胞間の情報伝達物質で血液に含まれる微粒子「エクソソーム」を測定し、がん治療の方法や効果の判断に役立てるための共同研究を始めたそうです。シスメックスによると、がん患者の血液には、特有のエクソソームが増えることが近年分かってきたという。その一つである「HER2」など特定のタンパク質を持つエクソソームを測定すれば、腫瘍組織だけでなく血液でも、治療方法や効果を判断できるという。両社は2016年3月から、エクソソームの測定装置の共同開発を始めたそうです。ケンウッドはエクソソームの検出技術を、シスメックスがその遺伝子やタンパク質の解析技術をそれぞれ磨いてきたという。新しい共同研究には、国立がん研究センターと製薬会社の第一三共(東京)も加わり、臨床現場での活用を目指すそうです。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730