« ドン・キホーテ、2020年までに500店舗に・・・・ | メイン | ミスド、ピザ販売本格化・・・・・ »

2017年10月11日 (水)

AIが資産運用先を提案・・・・・

コンピューターが顧客に応じた資産運用の方針を提案する「ロボアドバイザー」が預かり資産を伸ばしているそうです。大手証券会社やメガバンクも採用して新規顧客の獲得にしのぎを削る中、ベンチャー企業が地方銀行などと連携し成果を上げているそうです。コストの低さや手軽さが投資経験の浅い若い世代に受け入れられたという。ロボアドは人工知能(AI)を活用し、顧客に最適な資産運用先をアドバイスしてくれる仕組みだそうで、高度な金融知識がない個人投資家でも国際分散投資などができるそうです。金融ベンチャーの「お金のデザイン」(東京)はロボアドのサービス「テオ」を2016年2月に導入したそうです。10万円から始められる投資が好調で預かり資産は今年7月に100億円を突破したという。ネット銀行に加て、ふくおかファイナンシャルグループ(FFG)などと連携し、地銀のホームページやスマホのアプリを通じてサービスを提供しているそうです。お金のデザインの中村仁社長はロボアドによる運用資産は2020年には国内で1兆円に届くとの試算もあるとし、「引き続き提携先を探したい」と意気込むそうです。メガバンクなどと協業している「ウェルスナビ」(東京)も2016年7月のサービス開始から順調に顧客数を拡大し、1年で預かり資産が200億円に達したそうです。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730