« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

ウエシマコーヒーフーズ、中国百貨店で販売・・・・

珈琲輸入販売のウエシマコーヒーフーズ(神戸市中央区)は、中国で消費への直接販売に乗り出したそうで、これまで業務用を現地に輸出してきたそうですが、堅調な需要に対応して百貨店で始めたそうです。大連の百貨店「友諠商城」の食料品売り場に専用コーナーを確保し、ドリップバックコーヒーなど8種類の販売を始めたという。同社は15年前から中国のホテル、レストランにコーヒーや食品を輸出しているそうです。同社によると、現地のコーヒー消費量は日本の3分の1だそうですが、年30%ペースで伸びているという。インスタントコーヒーが主流だそうで、ドリップバックコーヒーなどの開拓余地は大きいと判断し、消費者への販売に踏み切ったそうです。今後は上海、北京にある友諠商城の系列店での販売を目指すという。年内にもネット通販を始め、旧暦の正月を祝う「春節祭」のギフト需要を取り込むそうです。上島一泰社長は「百貨店で知名度を上げ、高級スーパーでも販売を広げていけたら。中国の売り上げだけで2,3年後には年1億円を目指す」と話しているそうです。

2017年10月30日 (月)

ダンロップスポーツ、干支のテニスボール限定発売・・・

ダンロップスポーツ(神戸市中央区)は、2018年の干支である「戌」の文字をあしらったテニスボールを11月25日から限定発売するそうです。同社は年末の「打ち納め」、年内の「初打ち」用にぜひ使ってとアピールしているという。同社が1961年から製造販売するロングセラー商品「ダンロップ・フォート」、国内シニア6割を占め、国内の主要テニス大会で半世紀以上にわたって使用されているそうです。干支ボールの発売は2007年以来、10年ぶりだという。ボールに「2018戌」の文字、缶ケースには犬のイラストをあしらったそうです。テニス用品店などからの注文で販売数量を決めるという。オープン価格で、店頭での想定価格は800円前後だそうです。

2017年10月29日 (日)

朝来市が移住者希望者向け説明会・・・・

朝来市は、都市部在住の移住希望者を対象にした「あさご暮らし体験会イン神戸」を本日午前10時~午後3時、神戸市中央区元町通1「シェアスペース&キッチン マルメロ」で開くそうです。朝来市での「田舎暮らし」の雰囲気を味わってもらおうと企画。朝来市産の新米を味わい、大根や白菜など旬の野菜を使った鍋や天婦羅、煮物などの田舎料理を朝来市の主婦らと一緒に調理するという。朝来市でシカ肉を加工・販売する「鹿工房 ロス・カサドーレス」の吉野剛史さんがシカ肉を使ったジビエ料理を振る舞うそうです。朝来市職員による移住相談会もあるという。大人2千円、中高生千円、小学生以下は無料だそうです。定員20人程度だそうです。朝来市あさご暮らし応援課までだそうです。

2017年10月28日 (土)

源つけ寿司「おまかせコース・・・」・・・・

源つけ寿司「おまかせコース」付き出し(筑前煮)、刺身(泳ぎあこう、殻付きたいらぎ貝、かんぱち、ひらめ、本マグロトロ)、焼き物(魚つみれバーグ)、煮物(アンコウ鍋)、揚げ物(サバ竜田揚げ)、寿司(剣先いか、しまあじ、海老、真鯛、しめイワシ)・・・・1人前3650円~ ご予約は2人前より承ります。

2017年10月27日 (金)

源つけ寿司「泳ぎふぐてっちりコース」・・・・

源つけ寿司「泳ぎふぐてっちりコース」・・(ふぐ皮)(てっさ)(とらふぐから揚げ)(てっちり)(雑炊)・・・1人前5500円~ご予約は2人前より承ります。

2017年10月26日 (木)

がん治療で4社タッグ・・・

医療検査機器メーカーのシスメックス(神戸市中央区)と、映像・音響機器メーカーのJCVケンウッド(東京)などの4社・団体は、細胞間の情報伝達物質で血液に含まれる微粒子「エクソソーム」を測定し、がん治療の方法や効果の判断に役立てるための共同研究を始めたそうです。シスメックスによると、がん患者の血液には、特有のエクソソームが増えることが近年分かってきたという。その一つである「HER2」など特定のタンパク質を持つエクソソームを測定すれば、腫瘍組織だけでなく血液でも、治療方法や効果を判断できるという。両社は2016年3月から、エクソソームの測定装置の共同開発を始めたそうです。ケンウッドはエクソソームの検出技術を、シスメックスがその遺伝子やタンパク質の解析技術をそれぞれ磨いてきたという。新しい共同研究には、国立がん研究センターと製薬会社の第一三共(東京)も加わり、臨床現場での活用を目指すそうです。

2017年10月25日 (水)

源つけ寿司一品料理・・・・

源つけ寿司一品料理 泳ぎ穴子刺身(しゃぶしゃぶ)・・1980円 泳ぎオコゼ刺身(1匹)・・1980円 泳ぎカワハギ刺身(しゃぶしゃぶ)・・1280円 泳ぎ目板カレイ刺身(1匹)・・1980円 泳ぎだこ刺身(バター焼き)・・1580円 活あわび刺身(バター焼き)・・1580円 真鯛造り・・980円 カンパチ造り・・980円 生穴子照り焼き・・980円  生秋刀魚塩焼き(1尾)・・580円 生だこ塩焼き・・780円 真鯛ときのこのホイル焼き・・600円 活たいらぎ貝刺身(バター焼き)・・1580円 蓮根白身チーズ香り揚げ・・780円 海老天ぷらタルタルソース・・880円 いわし梅肉天ぷら・・780円 サバ竜田揚げ・・680円 白身魚揚げ出し・・680円 生だこ天ぷら・・780円 あんこう小鍋・・980円 海鮮キムチ・・450円 しめ鯖・・580円 ハマグリ酒蒸し・・780円 たこ酢味噌・・450円 蒸し穴子付き出し・・980円 その他・・・・・

2017年10月24日 (火)

源つけ寿司「泳ぎふぐてっちりコース」・・・

源つけ寿司「泳ぎふぐてっちりコース」・・・(ふぐ皮)(てっさ)(とらふぐから揚げ)(てっちり)(雑炊)・・1人前5500円  ご予約は2人前より承ります。

2017年10月23日 (月)

岡山大学、拡張型心筋症に幹細胞移植・・・

岡山大学病院は、心筋になる能力を持つ「幹細胞」を心臓から取り出し、培養後に本人に戻して機能を回復させる技術を、拡張型心筋症の熊本県の女児(8)に実施し、数日内に退院するという。同病院によると、この手術は既に、他の種類の心臓病では行っているそうですが、拡張型心筋症への適用は初めてだそうです。提供が不足している心臓の移植に代わる再生医療として期待されているそうです。拡張型心筋症は、心筋の働きが悪くなって心臓が拡大し、心不全を引き起こすという。王英正教授のチームが、臨床研究として実施。今年7月女児の心臓から採取した組織の一部から、幹細胞を採取し、培養して増やした後、カテーテル(細い管)を使い心臓の冠動脈に注入したそうです。自分の細胞を使うため、移植後の拒絶反応の懸念がないという。今後、心機能の回復状況など経過を見ていくそうです。

2017年10月22日 (日)

キャタピラー、次世代油圧ショベル開発・・・・

建設機械世界大手、米キャタピラーの油圧ショベル開発本部(明石市)は、「次世代型」と位置付ける油圧ショベルを開発し、販売を始めたそうです。一部作業を自動化できる最新のICT(情報通信技術)を標準搭載していることが特徴だそうです。同本部は同社で唯一の油圧ショベル開発拠点で「明石から世界へ作業効率の引き上げを提案したい」という。同本部は、前身の新三菱重工業明石工場だった1961年に国産初の油圧ショベルを出荷するなど、生産の開発の歴史が長いそうです。明石で製造して国内外へ出荷するほか、米国や欧州などの海外工場に建設図面を提供するそうです。新製品は「Cat320」と「Cat323」。標準搭載する機能のグレード2Dアシストは、設定した通りの深さや勾配で掘削する操作を支援するという。先端のかごのバケットですくって重量を量り、トラックへの積み込み過ぎを防ぐペイロード、ショベルの「腕」部分が動く高さや深さ、奥行き、幅などの範囲を制限し、作業の安全を確保するEーフェンスも標準で着くそうです。同社によると、これらの技術を搭載することで作業効率を最大45%引き上げたほか、掘削条件に応じてエンジンや油圧の馬力を自動調節して燃費性能を最大25%引き上げたそうです。また作業油フィルターの寿命を延ばし、維持費を下げたという。価格はCat320が約2200万円(税別)。従来は排ガス規制への対応に注力してきた同社だが、ザック・カーク油圧ショベル事業部副社長は、「作業の生産性を引き上げることに全力を注ぎたい」と述べ、重点を移す考えを示したそうです。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730