« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

iPSで腎性貧血改善・・・・

不足する腎性貧血を引き起こすタンパク質「エリスロポエチン」を作り出す細胞を人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製し、貧血のマウスに移植して症状を改善させることに成功したと京都大学と香川大学のチームが9月27日付の米医学誌電子版に発表したそうです。腎臓の働きが低下して起きる貧血の再生医療や新薬開発に役立つ可能性があるとしているそうです。エリスロポエチンは、成人では腎臓にある細胞から産生され、赤血球が作られるのを促進するそうです。慢性の腎臓病などで腎臓が弱ると赤血球を作る能力が低下し、貧血状態になるという。チームによると、腎性貧血の患者数は30万人以上いるそうです。チームは、IPS細胞に4種類の物質を加え、数週間後にエリスロポエチン産生細胞を作ることに成功。この細胞を腎性貧血のマウス6匹に投与して7カ月間観察したところ、血液中の赤血球の量を示す数値が正常値になったそうです。これまで患者に使用されてきたエリスロポエチン製剤は、赤血球の量のコントロールが難しく、高価なことが課題だという。チームの長船健二京都大学教授(再生医療)は「今回の手法が人に応用できれば、赤血球の量をうまく調整し、経済的な負担も軽減できるのんではないか」と話しているそうです。

2017年9月29日 (金)

松茸土瓶蒸し・・・・

松茸土瓶蒸し・・1280円 松茸と白身魚のはさみ揚げ・・880円 松茸ホイル焼き・・1280円 その他いろいろ・・・・

2017年9月28日 (木)

「ポテチ」品薄対策で農水省ジャガイモ増産へ補助金・・・・

原料のジャガイモ不足でポテトチップスが品薄となったことを受け、農林水産省がジャガイモ農家の支援に乗り出すそうです。農作業の効率化支援などで増産を促し、商品が店頭から消えた「ポテチショック」再発を防ぎたい考えだという。2018年度予算の概算要求に関連費用約30億円を計上したそうです。ポテトチップス用のジャガイモは北海道産が約8割を占めるそうで、昨年は台風に伴う大雨被害で深刻な不作となったという。この影響でカルビーや湖池屋は原料を十分調達できず、今春から9月まで一部商品の販売中止に追い込まれたそうです。事態を重く見た農水省は、加工食品用のジャガイモを生産する農家が大型の収穫機械や病害虫に強い品種を導入した場合、2018年度から費用の半額を補助する方針だという。種イモの増産も支援するそうです。2015年度のジャガイモの国内生産量は約240万㌧と10年前に比べ1割減少。病害虫に弱く、栽培に手間がかかる割にもうけが少なく、農家の高齢化とともに生産の減少傾向が続くそうです。一方、ポテトチップス用の出荷は最近10年間で3割以上伸びたそうです。日本は病害虫の侵入を防ぐためジャガイモの輸入を厳しく制限。国内さんが不足しても海外産に切り替えられないという。農水省は支援策により「再び天候不順に見舞われても、供給不足を回避できるようにしたい」と話しているそうです。

2017年9月27日 (水)

高島屋に初のロボット売り場・・・・

大手百貨店の高島屋は9月25日、新宿店(東京都渋谷区)にロボット専門に取り扱う売り場を10月4日開設すると発表したそうです。百貨店が常設のロボット売り場を設けるのは初めてだそうで、10~20種類の商品を販売するという。売り場は新宿店の9階に開設するそうです。人間との会話を楽しむコミュニケーション型、暮らしを便利にするライフスタイル型、自分で動きを制御するプログラミング型などに分類。実際に触ったり、使ったりできる状態で展示するという。来年度中に高島屋大阪店(大阪市中央区)での売り場開設も予定しているそうです。

2017年9月26日 (火)

松茸土瓶蒸し・・・・

松茸土瓶蒸し・・1280円 焼き松茸・・1280円 松茸と白身魚のはさみ揚げ・・880円

2017年9月25日 (月)

源つけ寿司一品料理・・・・

泳ぎあこう刺身(1匹)・・1980円 泳ぎ目板カレイ刺身(1匹)・・1980円 泳ぎ穴子刺身(しゃぶしゃぶ)・・1980円 活あわび刺身(バター焼き)・・1680円 泳ぎだこ刺身(バター焼き)・・1580円 しめ鯖・・580円 生秋刀魚造り・・680円 生本マグロとろ造り(高知県産)・・1280円 カンパチ造り・・980円 真鯛造り・・980円 生穴子照り焼き(1尾)・・980円 あじポテトサラダ包み焼き・・600円 サーモンときのこのホイル焼き・・600円 鯖おろし焼き・・500円 カンパチかま塩焼き・・480円 松茸と白身魚のはさみ揚げ・・880円 海老天ぷらタルタルソース・・880円 いわし梅肉天ぷら・・680円 生だこ天ぷら・・780円 ネギサーモン磯部揚げ・・880円 鮭白子揚げ出し・・680円 白身魚変わり揚げ・・780円 しめ鯖・・580円 松茸土瓶蒸し・・1280円 サーモンとアボカドのわさびマヨネーズ和え・・680円 たこ酢味噌・・450円 いくらおろし和え・・680円 白身魚つみれ小鍋・・980円  その他・・・・・

2017年9月24日 (日)

猫の習性 ふん尿対策に活用・・・・

猫は自分以外の尿の臭いを嗅ぐと、自分の尿を残さずに立ち去る。その習性に着目し、岩手大学農学部の宮崎雅雄准教授(生化学)らの研究チームが、ふん尿被害防止に役立てる研究を進めているという。悪臭をできるだけ抑えた尿の抽出物による防止剤を開発するのが目標だそうで、宮崎准教授は「企業とも連携して実用化したい」としているそうです。研究グループは、猫が他の猫の尿に興味を示して臭いを嗅ぎに来るそうですが、嗅いだ後は犬と違って自分の尿を残さない行動原理を実験で確認。尿からアンモニア臭の原因になる尿素を除いた抽出物を使っても、同じ効果があることを発見したという。ペットや野良猫の増加により、ふん尿被害は各地で問題化しているそうです。宮崎准教授によると、猫が嫌がる臭いや超音波を使った対策商品が販売されているものの、慣れてしまうなど効果が限定的なものも多いという。宮崎准教授は「抽出物から防止剤が作れれば、猫にも嫌な思いをさせずに被害を防ぐことができる」と強調。抽出物には猫の尿に特有の臭いを出す化合物が多く含まれ。硫黄臭といった人には不快な臭いも残っているため、より効果的で「猫にも人にも優しい」技術の開発を目指す考えだそうです。

2017年9月23日 (土)

神戸ポートタワー認知症への理解促す光・・・・

「世界アルツハイマーデー」21日神戸ポートタワー(神戸市中央区波止場町)が、認知症支援のイメージカラーであるオレンジ色にライトアップされたそうです。発光ダイオード(LED)の鮮やかな光を通して認知症への理解を呼びかけるそうです。23日まで点灯しているという。アルツハイマーデーは1994年、認知症患者や家族への理解と支援を広げるため、国際アルツハイマー病協会が判定。世界各地で啓発活動を行うそうで、国内では観光施設や庁舎など30カ所がライトアップしたそうです。日没後タワーのLEDがオレンジ色に点灯すると、優しい光が港を包み込んだという。ライトアップは午後6時~11時に30分間隔で行われるそうです。

2017年9月22日 (金)

源つけ寿司「おまかせコース」・・・・

源つけ寿司「おまかせコース」・・付き出し(さざえ旨煮)、刺身(泳ぎかれい、真鯛、カンパチ、本マグロとろ、たいらぎ貝)盛り合わせ、焼き物(さわら磯辺焼き)、煮物(カワハギしゃぶしゃぶ)、揚げ物(松茸と白身魚のはさみ揚げ)、寿司(しめいわし、ひらめ、しまあじ、海老、いくら)・・1人前3650円~ ご予約は2人前より承ります。

2017年9月21日 (木)

京都大学、ES細胞で卵子の元不妊治療に期待・・・

様々な細胞や組織になる胚性幹細胞(ES細胞)から作った生殖細胞に、ビタミンAやタンパク質を加え、卵子の元になる「卵母細胞」を作製することにマウスの実験で成功したと、京都大学の斎藤通紀教授のチームが、欧州分子生物学機構の科学誌電子版に発表したそうです。卵母細胞からさらに卵子に変化させるには卵巣に移植したり、体細胞と一緒に培養したりすることが必要だそうですが、チームは今後、こうした移植や体細胞に頼らず、物質を加えるだけで卵子ができる技術の開発を目指すそうです。斎藤教授は「人に応用できれば、不妊治療に役立つ可能性がある」と話しているそうです。マウスのES細胞から作った生殖細胞が入った培養皿に、骨の形成を促すタンパク質とビタミンAを約1週間加え続けて培養し、卵母細胞に変化させることに成功したそうです。90%以上の確率で変わったという。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730