« 海外ユニクロ好調で純利益69%の増加・・・ | メイン | 改正酒税法でビール値上げの夏、ノンアルコールビール商戦・・・・・ »

2017年7月25日 (火)

明石商業、来年度から一般入試も全県学区に・・・・

明石市教育委員会は、市立明石商業高校(魚住町長坂寺)商業科の一般入試(学力検査)の学区を、2018年度から県内全域に拡大することを決めたそうです。これまでは旧明石学区(明石市、神戸市西区の一部と淡路市の一部)を学区としていたそうですが、公立高校学区再編後の進路動向などを踏まえ検討していたという。商業科など専門学科を設置する高校では、同校だけが県内全域でない学区での募集を続けていたそうです。同校商業科では2015年度学区再編以降も、定員(2017年度240人)のうち半数を全県学区の推薦入試で募集する一方、同市周辺の中学生の進学先として維持するため、残り半数は旧明石学区での一般入試を続けてきたという。そのため推薦入試であと一歩届かなかった中学生が、居住地によっては一般入試を受けられないというケースもあったそうです。もう一つの国際会計科は、全県学区の推薦入試のみだったそうです。同市教委では今年5月、学識経験者や保護者代表者らによる検討会議を設置し、学区の在り方について議論してきたそうです。同校の校長は「より多くの中学生の進路の選択肢に入れてもらえるので、学校としては非常にありがたい。中学校への周知を徹底したい」と話しているそうです。2018年度の募集定員については今後、県教委の「公立高校生徒募集計画」を通じて発表するそうです。また、検討会議では推薦入試の一部を全国学区に拡大することも議論したそうですが、受け入れ体制や周知期間などに課題が多いとして導入を見送ったそうです。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730