« 改正酒税法でビール値上げの夏、ノンアルコールビール商戦・・・・・ | メイン | 田辺三菱製薬、イスラエルの製薬会社買収・・・・ »

2017年7月27日 (木)

認知症予防AIを活用、ダイキンと大阪大学連携・・・・

ダイキン工業と大阪大学は、人工知能(AI)など情報科学の先端研究を空調技術の革新につなげようと、包括的な連携契約を結ぶと発表したそうです。ダイキンが今後10年間で研究費などを56億円を拠出するという。温度や湿度などを空調によって快適に保つことで疲労やストレスを軽減したり、自由な発想で独創的な技術の開発を促すそうです。ダイキンの淀川製作所(大阪府摂津市)で記者会見したダイキン工業の十河政則社長は「夢みたいだが、空調で認知症防止ができるような空間など健康や快適性を追求したい」と表明。大阪大学の西尾章治郎学長は「情報科学分野の人材はそろっているので、イノベーションを必ず生み出したい」と語ったそうです。今後は大阪大学の研究者とダイキン工業の技術者が省エネや健康、ものづくりなどをテーマに共同研究を行い、成果をダイキン工業が実用化することを目指すそうです。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730