« 2017年2月 | メイン | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

「国民年金」強制徴収強化・・・

厚生労働省は4月から、国民年金の保険料を支払う能力がありながら延滞を続けている加入者への督促を強化するそうで、強制徴収の対象となる所得要件を現行より50万円低い「年間300万円以上」に引き下げるという。文書送付や戸別訪問で支払いを促し、従わない場合は財産の差し押さえも実施するそうです。社会保障審議会の部会で提示したそうです。厚労省によると、所得が低いことなどを理由に支払いを免除・猶予されている人を除いた2015年度末の保険料納付率は63・4%で、納付率の向上が課題だそうで、2014~2015年度の2年分の滞納者は約206万人に上ったという。収納業務を担う日本年金機構は2014年度から強制徴収の対象とする所得や未納期間の基準を設定。2016年度は「350万円以上」かつ「滞納7カ月以上」の加入者に督促を実施したそうです。4月からは「300万円以上350万円未満」の人も対象とするそうですが、1年間は「滞納は13カ月以上」の人に限るそうです。督促の文書を送付しても保険料を納めない場合は、電話や戸別訪問での説得、予告などを経て財産の差し押さえなど強制的な処分を実施するそうです。

2017年3月30日 (木)

特養待機者36万人・・・・・

厚生労働省は、特別養護老人ホーム(特養)への入所を申し込んでも入れない待機者が昨年、全国で約36万6千人だったとの調査結果を発表したそうです。2013年の前回調査の約52万4千人より30%減ったという。介護費用の膨張を背景に、2015年4月から新規入所の条件が厳格化され、要介護3以上の中重度者が原則となったことが主な要因だそうです。見た目の待機者数は大幅に減った形だそうです。しかし軽度の要介護1,2でも認知症や知的障害、虐待の恐れなどから自宅で暮らすのが困難な場合は入所できる特例があるのに、こうした高齢者が門前払いになっているとの指摘もあるという。軽度者に対するきめ細かい配慮や、充実した在宅介護の環境整備が求められているそうです。調査は都道府県に昨年4月時点の特養待機者数の報告を求め、集計したという。一部で調査時点や集計手法にばらつきがあるそうです。要介護3~5の待機者は約29万5千人だそうで、前回より約5万人減ったそうです。軽度者(要介護1,2)も約7万1千人が入所を希望。入所条件厳格化の影響が大きく、前回の約17万8千人(要支援を含む)から60%減ったそうです。要介護3以上の待機者を都道府県別でみると、最多は東京都の2万4815人で、次いで神奈川県1万6691人、兵庫県1万4983人。最も少ないのは徳島県の1161人だったそうです。

2017年3月29日 (水)

岡山大学と理研神戸、犬の歯を再生幹細胞で成功・・・

犬の幹細胞から作りだした歯のもとになる「歯胚」を、同じ犬の歯が抜けた部分に移植し、天然の歯とほぼ同じものを再生することに成功したと、岡山大学と理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームが英科学誌電子版に発表したそうです。マウスでも成功例の報告があるそうですが、岡山大学の窪木拓男教授は「実用的な歯の再生治療が可能なことを大きな動物で実証した。人への応用を目指したい」としているそうです。チームは生後約1カ月のビーグル犬の小臼歯から歯胚を採取。この歯胚から、様々な組織になる能力を持つ幹細胞を含む上皮組織と、幹細胞である間葉細胞を取り出して一緒にし、再生歯胚を作製したという。これを2日間培養し、同じビーグル犬の下顎の歯が抜けた部分に移植すると、約6カ月で歯が生えたそうです。構造や働きは天然の歯とほぼ同じだったそうです。自己の幹細胞を使うため、移植後の拒絶反応の懸念もないという。将来、人へ応用する際は、皮膚などから幹細胞を取り出して再生歯胚を作ることも想定しているそうです。また、ビーグル犬の胎児の大臼歯から歯胚を摘出し、同様の方法で再生歯胚を作製。これをマウスの腎臓に移植すると、8週目に天然と同じ構造の歯を作れたそうです。

2017年3月28日 (火)

ネスレ日本が抹茶を第三の柱に・・・

ネスレ日本(神戸市中央区)は、東京都内で事業戦略発表会を開き、コーヒー、チョコレートに次ぐ第三の柱として、抹茶関連商品に注力する方針を発表したそうです。専用コーヒーマシーンを使って、家庭や職場でビタミンやミネラルを加えた抹茶を楽しめる新サービス「ネスレ ウェルネスアンバサダー」を始めたそうです。同社によると、健康志向の高まりなどから抹茶市場が拡大。動脈硬化や脳梗塞を防ぐとされるポリフェノールが飲用時、緑茶に比べ約2倍含まれるという。新サービスは抽出用抹茶カプセル7種類を用意。ウェブサイトなどで自分の食事や生活習慣を点検し、必要なカプセルを選べるそうです。高岡浩三社長兼最高経営責任者(CEO)は「抹茶はビタミンなどを加えても不快な味をカバーできる。足りない栄養を毎日美味しく採れる」とPRしたそうです。

2017年3月27日 (月)

JASRAC、楽器教室からも著作権徴収・・・

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、来年1月からピアノやギターなどの楽器教室から楽曲の演奏に伴う著作権使用料の徴収を始める方針を明らかにしたそうです。教室を運営するヤマハ音楽振興会など複数の業者は、業界としての対応について話し合う組織を立ち上げるなど反発を強めており、両者が今後、協議を進めるそうです。JASRACによると、ボーカルレッスンを受けられる教室は昨年4月から著作権使用料の徴収を開始したという。楽器の演奏を学べるカルチャーセンターも既に徴収しており、来年1月から楽器教室にも対象を広げるため、今年7月までに「使用料規定」を文化庁に届ける方針を決めたそうです。使用料の徴収は、営利で継続的に生徒を募集している教室が対象だという。支払方法は、JASRACの管理楽曲を自由に利用できる包括利用許諾契約か、1曲ごとに支払う形態を選択できるそうです。包括利用許諾契約の使用料率は、業者の年間受講料収入の2・5%とする案を検討しているそうです。ヤマハ側は弁護士の見解として「(著作権使用料が)生徒に転嫁されてレッスン料が高くなると、生徒が減少する恐れがあり、音楽文化の発展を阻害する」と主張しているそうです。

2017年3月26日 (日)

日本生命保険、収益強化へ新事業・・・・

日本生命保険は、保険以外の事業にも力を入れ、子育て支援やヘルスケアなどの新ビジネスに乗り出す方針を盛り込んだ2017年~2020年度の4カ年の新中期経営計画を発表したそうです。日銀によるマイナス金利政策で、超低金利という厳しい経営環境が続く中、収益力を強化する狙いだという。具体的な事業は検討中だそうですが、子育て支援やヘルスケア分野は市場拡大が期待できると説明しているそうです。投資へのニーズや高齢者向けの保険商品の開発にも注力するという。資産運用では、長期で安定的な利回りを確保するため、インフラや環境など成長領域への投資を加速させるそうです。こうした分野への投資目標額を4年間で1兆5千億円に設定したそうです。グループ事業を巡っては、新たな買収に5千億円を投じ、日生単体を除くグループ利益を現在の約300億円から2020年度には700億円にまで引き上げることを盛り込んだという。現行の計画は3カ年で2017年度が最終年度だったそうですが、マイナス金利を想定していなかったため、1年間前倒しで事業戦略を修正したという。現計画で掲げた顧客数やグループ利益の目標を2016年で達成できる見通しであることも背景にあるという。

2017年3月25日 (土)

姫路セントラルパーク、運営事業者が交代・・・・

姫路市のレジャー施設「姫路セントラルパーク」を運営する加藤観光(札幌市)は、同パークを運営を完全子会社のジャパンパーク&リゾート(北九州市)に承継することを明らかにしたそうです。4月1日付。加藤観光は北海道を中心にリゾート・レジャー事業を展開。2003年に同パークの営業譲渡を受け、グループ内の姫路パークマネジメント(姫路市)に業務を委託している。ジャパン社は日帰り型のレジャー施設「スペースワールド」(北九州市)を運営しているそうです。加藤観光は、西日本の施設運営を域内のグループ会社に集約することで、ノウハウの共有を進めるそうです。姫路セントラルパークで勤務する従業員約200人の雇用は維持され、サービスの変更もないという。

2017年3月24日 (金)

大学内定率最高90・6%・・・・

文部科学、厚生労働両省は、今春卒業予定の大学生の就職内定率が2月1日時点で90・6%だったと発表したそうです。前年同期比2・8㌽増で、6年連続で改善。この時期のデータがある2000年以降で最高となったそうです。文科省の担当者は「景気の影響もあり、企業の採用意欲が高い」と分析したそうです。今後の調査で、過去最高だった昨春卒業の大学生の就職率97・3%(昨年4月1日時点)を上回るかが注目されているという。全国の国公私立大学から62校を抽出し、就職希望者に占める内定者の割合を調べたそうで、地域別では、関東と近畿が共に91・9%で最も高く、中部が91・5%で続いたという。全地域で前年同期を上回ったそうです。一方、今春卒業予定の高校生の1月末時点の内定率0・4㌽増の94・0%で、24年ぶりの高水準となったそうです。都道府県別では、福井県がトップの98・5%。最も低かったのは沖縄県の76・2%。兵庫県は94・8%だったそうです。

2017年3月23日 (木)

泳ぎふぐてっちりコース・・・・

今シーズン最後のてっちりコース「泳ぎふぐてっちりコース」(ふぐ皮)(てっさ)(とらふぐから揚げ)(てっちり)(雑炊)・・1人前5600円 ご予約は2人前より承ります。

2017年3月22日 (水)

「聖徳太子」表記元通り・・・・

文部科学省が2月に発表した次期学習指導要領改定案で、小学校の社会で「聖徳太子(厩戸王)、中学校で「厩戸王(聖徳太子)」とした表記について、文部科学省が小中学校とも現行指導要領と同じ「聖徳太子」の表記に戻すことを視野に検討していることが、関係者への取材で分かったそうです。改定案は、歴史学で一般的に「厩戸王」と呼ぶことを考慮しつつ、小学校では伝記を読む機会が多いことや、中学校では新たに史実をより深く学ぶことを踏まえて、表記を変更したという。しかし、今月15日まで実施したパブリックコメント(意見公募)で、同じ人物の表記が小中学校で違うと教えづらいといった意見が教員らから多く寄せられたという。文科省は最終調整を進めており月内に指導要領を告示するそうです。社会の改定案では他に、江戸幕府の対外政策の「鎖国」が消えるなど、社会の歴史上の人物や出来事の表記が変更されたそうですが、文科省はこれらの扱いも併せて検討するとみられるそうです。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730