« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

全国の軽自動車の普及率最高・・・・・

全国軽自動車協会連合会(全軽自協)は、全国の軽自動車の普及台数が2015年12月末時点で、100世帯当たり過去最高の54・3台だったと発表したそうです。前年から0・3台増えたそうですが、2015年4月の軽自動車税による影響で販売台数が大きく落ち込んだことから、増加幅は前回(1・1台増の54・0台)より小さかったそうです。都道府県別のトップは2013年3月末時点の発表以来、4回連続で佐賀県。今回は前年に比べて0・2台少ない104・0台と全国で唯一、減少したそうです。全軽自協は「高齢化に伴い運転免許所を返納するお年寄りが増えてきたことが背景にあるのではないか」と指摘しているという。100世帯当たり最も少ないのは東京都の11・9台。兵庫県は43・4台だったそうです。

2016年7月30日 (土)

楽天が同性パートナーを配偶者と認める・・・・

楽天は社内規定の配偶者の定義を見直し、同性のパートナーを加えると発表したそうです。結婚祝い金や休暇といった福利厚生を受けられるようになるそうです。国際的に広がる性的少数者(LGBT)の権利保護の動きに歩調を合わせ、多様な人材が働きやすい職場づくりを目指すそうです。8月から楽天本体で運用を始め、今後グループへの拡大を検討するそうです。楽天グループの従業員は約1万3千人。約2割が外国人だそうで、国籍も60以上に及ぶという。人材の多様化への対応や女性活躍を推進するため、昨年専門部署を立ち上げ、制度面や環境面の改善を進めてきたそうです。

2016年7月29日 (金)

ロシアで学生がポケモン145種ゲットし、世界最高記録に・・・

ロシアのインターネットメディアは、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」で「世界最高の145種を集めた」というロシアの男子学生を紹介したそうです。学生はロシア第2の都市サンクトペテルブルクのゲオルギー・ティモフェエフさん(19)。「米国で捕獲できる全142種を制覇した」と名乗り出たニューヨーク在住のニック・ジョンソンさんの記録を更新したという。歩く距離によってロシアでは出現しないポケモンも卵からふ化させることができるといい、今月12日にゲームを始めてから約2週間で59㌔歩いたと話したそうです。ロシアではポケモンGOの配信は始まっていないそうですが、外国のアカウントを登録して入手し遊んでる人が多いという。

2016年7月28日 (木)

ソーラー機が世界一周成功・・・

太陽エネルギーだけで世界一周飛行に挑戦した1人乗りプロペラ機「ソーラー・インパルス2」が最終目的地のアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビに現地時間26日午前4時(日本時間26日午前9時)過ぎに到着したそうです。化石燃料を使わない世界一周飛行は史上初だそうで、歓喜の中でフィナーレを迎えたそうです。アブダビの空港に着陸すると、操縦士のぺルトラン・ピカール(58)は機内から外に手を出し、待ち構えていたもう1人の操縦士アンドレ・ボルシュベルグさん(63)と固く握手したという。同機は2015年3月にアブダビを出発。インドや中国、日本を経て太平洋を横断、北米大陸を飛行しスペイン、エジプトへ。計16都市を経由し、日本では愛知県営名古屋空港(愛知県豊山町)に降り立ったそうです。

2016年7月27日 (水)

「ポケモンGO」のプレーの禁止区域急増・・・・

「ポケモンGO」のプレーの禁止や警戒を呼びかける動きが広がっているそうで、京都市の世界遺産、二条城は、二の丸御殿(国宝)の入り口3カ所に「ポケモンGO操作など、歩きスマホはやめましょう」と書いた看板を設置したそうです。外国人観光客向けに英語を併記しているという。京都市内では他に。八坂神社も、ポケモンGOで遊ぶ人で混雑し参拝客の迷惑になっているとして、開発元に対して境内にアイテムが入手できるスポットを設定しないよう要請することを検討しているそうです。日本三大霊場の一つとして知られる青森県むつ市の恐山で、「ポケモンGO」の禁止を予定していることが分かったそうです。寺の関係者は「ゲームをするにふさわしくない場所だ。岩場が多く危険でもある」とし、看板の設置を準備しているという。恐山は比叡山、高野山とともに日本三大霊場に数えられるそうです。北海道は札幌市中心部の大通公園で歩きスマホ事故などに注意喚起するビラを配ったそうです。

2016年7月26日 (火)

「土用の丑の日」商戦本格化・・・

流通各社が30日の「土用の丑の日」に向けた商戦を本格化しているそうで、主役のウナギは稚魚の減少などで価格が高騰しており、ナマズや豚肉など個性派のかば焼きも積極的に提案し「ハレの日」の需要を掘り起こす戦略だそうです。今年のウナギは鹿児島県など国産の市場価格が「昨年と比べ10~15%高い」(イオン)といい、大手スーパー各社の売り場では中サイズ(120~140㌘程度)で1尾2千円程度のかば焼きが主力だそうです。まとめ買いするには値が張るため、「1点豪華主義」で選ぶ客も多いとみてイトーヨーカ堂は「新仔」と呼ばれるウナギのかば焼きに力を入れるという。養殖機関が1年未満と短く、皮や身がふっくら仕上がるといい、中サイズで2570円だそうです。イオンはウナギに加え、スタミナが付く商品をそろえて盛り上げるという。目玉は近畿大学が開発したウナギの味に似せたナマズだそうです。オリーブ油に付けて皮を軟らかくするなど試行錯誤し、小売り大手で初めてかば焼きにしたそうで、販売期間や店舗に限りがあるそうですが、半身1枚で1598円。年々人気が高まっているという豚バラ肉のかば焼き(537円)も販売を強化するそうです。

2016年7月25日 (月)

自動運転技術車をDeNAとヤマト共同実験・・・・

ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は、自動運転技術を活用した新たな物流サービスの開発を目指す共同プロジェクトを始めると発表したそうです。荷物を受け取る時間や場所などで多様なニーズに応えるのが狙いだそうで、将来的に完全な自動運転での「宅急便」配達を視野に入れるそうです。「ロボネコヤマト」と称し、2017年3月から1年間かけて実用実験を進め事業化を探るという。具体的にはスマートフォンを利用して、利用者が望む時間や場所で荷物を受け取ったり、インターネット経由で地域の商店で購入し、運んでもらったりするサービスを実験するそうです。まずは運転手を置くそうですが、自動運転の導入に向けて人工知能(AI)を使た配車などの技術の実証を進めるそうです。記者会見したヤマト運輸の社長は「送る、受け取るそれぞれでいまの社会に合わせて、(物流を)進化させていく必要がある」と強調したそうです。早朝や深夜の配達などサービスの幅が広がる可能性があるという。実験は国家戦略特区のいずれかの地域での実施を検討しているそうです。

2016年7月24日 (日)

北条鉄道がビール列車・・・・

加西市と小野市を結ぶ第三セクター「北条鉄道」(加西市)は、貸し切り列車を使った「ビール列車」4日間、初めて実施するそうです。社内にはビールサーバーがあり、飲み放題、弁当や枝豆、オニオンリングも提供するという。食べ物や飲み物の持ち込みもできるそうです。北条町駅を午後6時50分に出発し、1往復した後、同8時20分まで同駅に留め置くという。日程のうち空いているのは、7月30日と8月5日。ショーもあり、男女デュオ「ケンゴ×ミナコ」(7月30日)、姫路市出身の歌手藤野ひろ子さん(8月5日)に出演するそうです。各日とも先着40人。参加費4千円。いずれも北条駅まで同鉄道を利用する参加者には往復無料券を配布するそうです。

2016年7月23日 (土)

加古川市立中央図書館、電子書籍貸し出し開始・・・・

加古川市立中央図書館(加古川市平岡町新在家)は、インターネットを通じて電子書籍を貸し出す電子図書館のサービスを始めたそうです。貸し出し可能な資料数は約630点、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどで利用できるという。同様のサービスは東播地域では高砂市、播磨町で既に実施しているそうです。加古川市では、電子書籍の読み上げや文字の拡大機能などを通じて障害者支援につなげるとともに、幼児を抱えて外出しづらい保護者にも書籍に触れてもらおうと、導入したという。図書館流通センター(東京)のシステムを使用。貸し出しは2点までで期間は2週間。2点まで予約もできるそうです。加古川市の図書館カードとパスワードが必要で、カードがあればインターネットですぐにパスワードを設定できるという。市立中央図書館は「図書館と電子図書館のどちらも利用してほしい」としているそうです。

2016年7月22日 (金)

高砂市で小学4年から中学3年生のボランティア活動支援の講座開催・・

高砂市福祉協議会は7月29日と8月5日の午前9時半から11時半、市ユーアイ福祉交流センター(高砂市高砂町松波町)2階で、小学4年~中学校3年生対象の講座「チャレンジジュニアボランティア2016」を開くそうです。夏休みにボランティア活動に参加してもらおうと企画したそうです。無料で定員各15人。7月29日は「ゲームなどで学ぶ防災教室」(申し込みは7月22日締め切り)。8月5日は「触って楽しめる!簡単な飛び出す絵本を作ろう!」(7月29日締め切り)。ともに親子などでの参加も可。飲み物と筆記用具持参。高砂市ボランティア活動センターまでだそうです。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730