2019年10月からの消費税増税に伴い、価格が変更になっている場合があります。ご来店の際には事前に店舗へご確認ください。

2019年8月25日 (日)

兵庫県警が避難訓練参加者募集・・・・

兵庫県警本部警備課は、9月16日に神戸文化ホール中ホール(神戸市中央区楠木町4)で開く「避難訓練コンサート」の参加者を募っているそうです。9月に開幕するラグビーワールドカップ期間中、会場に不審物が発見された、と仮定した訓練で、同課や神戸市民文化振興財団が実施するという。約700人の参加を想定しており、緊急避難経路や避難場所の確認、スタッフの対応などの手順を確認するそうです。午後2時~4時、参加無料。県警本部のホームページや同ホールで入手できる申し込み用紙に住所氏名などを記入し、同課へ申し込むそうです。

2019年8月24日 (土)

フリーランス、300万人超就業・・・・

内閣府は、会社などの組織に属さず仕事をする「フリーランス」として働く人が306万~341万人で、就業者全体約6600万人の5%程度を占めるとの試算をまとめたそうです。ITの進展や企業による副業・兼業の容認拡大でさらに増える可能性があるという。政府は「プラットフォーマ―」と呼ばれる巨大IT企業規制の一環として、フリーで働く人との契約条件の透明化などの整備を盛り込んだ新法を来年の通常国会に提出するそうです。大企業との取引で不利な立場にならないよう支援するという。内閣府はこのうち、会社員や主婦で、副業としてフリーランスで仕事を請け負う人が100万人規模でいるとみているそうです。働き方の柔軟性が増している一方で、労働者を守る関連法令は一般的には適応されず、発注側の企業から不利な契約条件を押し付けられたリ、余計なコストを負担させられたりするといった事例もあり、対応が急務になっているそうです。本業をフリーランスとする人の業種別の内訳で、割合が高いのは「建設」が19・1%、「卸売・小売」が10・7%、「学術研究・専門・技術サービス」が9・8%などで、吉本興業を巡る問題で注目されたタレントを含む「生活関連サービス」は6・3%だったそうです。システム開発などの分野では、新卒社員を養成するより、スピードを重視して技術を持った人材に業務を外注する考えが浸透しているという。建設や運輸は、個人による仕事の請負型が多い業界構造が背景にあるそうです。

2019年8月23日 (金)

和製ウイスキー1億円で落札・・・・

埼玉県の蒸留所で製造されたウイスキーの54本セットが香港で競売にかけられ、719万2千香港㌦(約9750万円)で落札されたそうです。英競売会社ボナムザが8月18日まで発表したそうです。同社によると、日本産ウイスキーの落札額では過去最高だという。アジアの女性コレクターが落札したそうです。落札されたのは1985年~2014年に製造された「イチローズモルト」シリーズの54本セット。埼玉県秩父市に蒸留所がある「ベンチャーウイスキー」が発売したそうです。それぞれ異なる樽で熟成され、ボトルのラベルにトランプのカードがデザインされているという。ベンチャーウイスキーの肥土伊知郎社長は取材に応え「金額を聞いて仰天した。高い評価はありがたいが、桁外れの値段で飲んでもらえるかどうかが心配だ。飲んでもらえたらうれしい」と話したそうです。

2019年8月22日 (木)

大真空、世界最小「作動出力水晶発振器」最薄を実現・・・・

電子部品メーカーの大真空(加古川市)は、世界最小・最薄の「作動出力水晶発振器」を開発したと発表したそうです。光通信でやり取りされるデータ量の増大に伴い部品の小型化が求められており、普及品に比べると表面積が95~98減と圧倒的な小型化が実現できたという。光通信でつながった携帯電話の基地局やコンピューターのサーバー内で使われる電子機器が、正常に作動するようタイミングを合わせるそうです。電流の向きが逆の2種類の信号を出し、ノイズ(雑音)を除去する機能があるそうです。水晶を3層に重ねた新構造の「アーク3G」シリーズの一つだそうで、同社が約5年かけて開発したそうです。2020年3月期には鳥取事業所に20億円近くを投資。7月から同シリーズの水晶振動子の量産を開始しているという。

2019年8月21日 (水)

泳ぎ穴子刺身(しゃぶしゃぶ)・・・・

泳ぎ穴子刺身(しゃぶしゃぶ)・・1780円 生穴子天婦羅・・880円 生穴子照り焼き・・880円 焼き穴子にぎり・・560円 

2019年8月20日 (火)

土用の丑の日、ファミマ検証・・・・

ファミリーマートは、食品ロス削減の一環として土用丑の日(7月27日)のウナギ弁当を完全予約制で販売したところ、予約と店頭販売を組み合わせた前年と比べ、店舗の利益が平均で約7割増えたと明らかにしたそうです。販売額は約2割減少したそうですが、廃棄費用が大幅に減り利益を押し上げたという。今年4月に恵方巻き、ウナギ弁当、クリスマスケーキの3品目の完全予約制を打ち出し、初めて効果を検証したそうです。廃棄削減と加盟店の利益増を両立して実現させた結果となり、売れ行きが数日に限定される季節商品の完全予約がコンビニ全体に広がる可能性があるという。予約は前年より2週間早め6月1日~7月24日に実施したそうです。「上 鹿児島県産うなぎ蒲焼重」(1980円)など4種類を前年と同じ価格で、全店舗で予約販売したそうです。その結果、予約件数は前年の約2倍に増えたそうですが、販売額は当日の購入客を取り込めず、約2割減ったという。一部店舗で自主的に店頭販売したため廃棄が生じたそうですが、これまで廃棄費用を負担していた加盟店の利益は約7割増えたそうです。本部の利益は販売促進費の削減で前年並みだったそうです。ファミマは「店頭販売をした店舗では、廃棄が発生した分、結果として完全予約を徹底した店舗と比べ利益を押し下げた」と分析したそうです。

2019年8月19日 (月)

ユーグレナ、18歳以下の「最高未来責任者」募集・・・・

ユーグレナは、18歳以下限定のポスト「チーフ・フューチャー・オフィサー」(CFO、最高未来責任者)を新設し、一般募集を始めたそうです。同社はバイオ燃料の開発などに取り組んでおり、未来を生きる当事者の子どもたちに、環境や社会問題の議論に参加してもらうのが狙いだという。「CFO」の主な活動は「持続可能な開発目標(SDGs)」に関連する業務や目標策定、啓発活動などで、国際会議などに登壇してプレゼンテーションなども行うそうです。ユーグレナの特設サイトを通じて今月末まで受け付けるそうです。

2019年8月18日 (日)

女性支援の事業、ホテルへ再就職・・・

観光庁は、子育てや介護などで長く仕事から離れていた女性を対象に、人手不足が深刻なホテル業への再就職を支援する取り組みを今年秋から始めるそうです。就職希望者と東京都内のホテル業者を引き合わせるイベントなどを開き、早ければ年内の就業を実現したい考えだそうです。主な対象として想定するのは、出産や介護を機に離職して10年以上がたち、働く意欲がある40代後半から50代の女性。20人程度を募集し、ホテル業で必要な専門知識や技能を習得する講座を受けてもらうほか、就職活動を後押しする助言や指導も行うという。その後、都内のホテル業者も参加するイベントを開催し、個別の業者の面接や採用につなげてもらうそうです。旅館や旅行業といった他の観光分野での女性の再就職支援などに生かしたい考えだそうです。

2019年8月17日 (土)

コカ・コーラ、2030年までにペットボトル再生素材90%目標・・・

日本コカ・コーラは、2030年までにペットボトルを使う再生素材比率を90%にすると発表したそうです。残りは植物由来の素材などを活用し、新たな石油由来素材の使用をゼロにするという。親会社の米コカ・コーラのグローバル目標を超える水準を掲げ、環境問題の解決に真剣に取り組む姿勢を示しているそうです。グローバル目標は昨年1月に発表され、2030年までに再生素材の比率を平均で50%にすると設定したという。日本コカ・コーラは国内の使用済みボトルの回収率は高く、再生技術も進んでいるとして、グローバル目標を上回ることができると判断したそうです。飲料大手では、サントリーホールディングスが2030年までに全てのペットボトルを再生素材と植物由来の素材で代替えする目標を掲げたという。キリンビバレッジは再生素材100%ペットボトル飲料を発売するなど、取り組みが広がっているそうです。

2019年8月16日 (金)

明石市、来月1日飼い犬のしつけ教室開催・・・・

飼い犬のしつけ方法を学ぶ教室が9月1日、あかし動物センター(明石市大久保町大窪)であるそうで、受講者を募集しているそうです。プロのドッグトレーナーを講師に「飼い主と並んで一緒に歩く」「呼んだら飼い主の下に来る」など基本的なしつけについて、実践を通じて学ぶという。午後11時~午後12時半▽午後1時半~午後3時の2回。対象は市内在住者と飼い犬で各回5組。イヌは狂犬病予防法に基づく登録や同病の予防接種、感染症対策の混合ワクチン接種を済ませていることが条件だそうです。

源つけ寿司 のサービス一覧

源つけ寿司
  • TEL050-3466-4730